ヨガインストラクター/セラピスト


どうしてヨガをするの?と聞かれたら、自分自身の人生を生きて、自分のことを好きでいるために、私はヨガをします。と、答えたい。

ヨガを通して、自分の体と気持ちの状態が穏やかに整うのを感じるのです。

親子関係、友人関係、仕事関係、、、、ヨガのアーサナだってどうやってもできないポーズがたくさんあって、色々な出来事があり、問題にぶち当たるたび、まだまだ人間できていないなあと自分自身にがっかりすることもたくさん。大人気ないことだらけ。

でも、凹んだり、反省したり、開き直ったり、そんな自分も自分の一面だと、立ち直ったり。

どんな自分でも、自分を受け入れられるということは、自分以外のことも受け入れられるということなのです。そうしたら、結構、生きていくのが楽になりました。

どんな人生を生きているかということよりも、どう生きていくかということが、大切な気がします。



沖田京子(ヨガインストラクター・ヨーガ療法士)


インド・スワミヴィヴェーカナンダヨーガ研究所認定日本ヨガニケタンYIC(ヨガインストラクターコース)・YTIC(ヨガセラピストコース)修了

サラパワーズ insight yoga teacher's training修了

マタニティヨガteacher's training修了 ルナワークス登録インストラクター

タイ式ヨガ・ルーシーダットン(Thailand)  teacher's training修了

ハタヨガ(ニューエイジヨガスクール)teacher's training修了

美容整体

ダイエット1級プロフェッショナルアドバイザー(日本ダイエット健康協会認定)

マクロビオティック  KIJ advance class修了

薬膳マイスター(国際薬膳食育師3級)

日本アロマ循環協会(AEAJ) アロマテラピー検定1級取得


19才、生まれて初めてダイエットをしようと思った時に、雑誌の記事でヨガに出会いました。

なんとなく、すると体調が良かったので、ゆる〜く続け、、、産後の体調管理にも。気がつけば、なんとなく続いていて、ようやくもっと知りたいと思ったのはもう30代も終わり。それまでヨガの奥深さを考えることもなくなくヨガをして来ましたが、そこからヨガを本格的に勉強することに、、、。

体を整えるヨガから始まり、インドの伝統的ヨガ、療法としてのヨガを学び、2019年は、インド・マナリて聖名を授受。

娘が生まれた時、この子は私がいなかったら生きていけない命なんだと思うと愛おしくて涙が出ました。それでも、子育て中はイライラしたり、怒ったりなんてしょっ中。50代に入り、体も心も周りの環境も大きく変化してきました。小さかったはずの娘たちも、もう立派な女性になり、私がいなくてもしっかりと自分の人生を自分の足で歩き始めています。それを嬉しく、少しさみしく感じながらも、これからは見守っていきたいと思っています。

私も色々な変化を受け入れながらも、やっぱり可能な範囲ではちょっと気を使って、エイジングにだって抗えるものは抗いつつ、自分らしく、人生を自分の意志で歩いていきたいと思います